疲れ目について

当サイト(疲れ目まるわかり)について

このエントリーをはてなブックマークに追加

当サイトでは、疲れ目の原因及び改善・対策について詳しく解説をしています。当サイトの内のコンテンツに一通り目を通して頂ければ、疲れ目の全てを理解できるようになっています。疲れ目を改善する第一歩は、正しい知識を身につけることから始まります。当サイトを疲れ目対策にお役立てください。

疲れ目とは?


よく「疲れ目」と言われますが、その症状が起きる原因は目の周りにある筋肉が疲れてしまい、眼球が固定されてしまうことによって引き起こされる一種の筋肉痛です。これは目を休めることによって治りますが、疲れ目が進行して眼精疲労になると、薬などを使わないと治らなくなるので、そうならない前の対処が必要になります。

疲れ目のメカニズム


疲れ目とは「眼疲労」といって目の周りの筋肉が長時間同じ状態に置かれることで、眼球に負担がかかり硬直してしまうために起こる筋肉痛のようなものです。同じ姿勢でずっとパソコンの画面などを見ていると、眼疲労になりやすくなります。

最近では、パソコンやゲーム、スマホなど画面を近くで見ることが増えていますので、どうしても眼疲労になりやすくなってしまいます。同じ姿勢でパソコンの画面などを見続けることで、目のピントが固定されてしまい、目の機能が固まってしまいます。

コンピューターでも同じ動作をしているとフリーズしやすくなるわけですから、より精密な人間の機能はナイーブで、固まりやすくなってしまうというわけです。ただし、この状態であれば、目を休める、蒸しタオルを当てて眼球周りの血行をよくするなどの処置を施せば、すぐに回復します。問題はそこから一歩進んだ状態です。

眼疲労と眼精疲労


よく「眼精疲労に効く目薬」などというCMを見ますが、眼疲労と眼精疲労は異なるものですので注意してください。簡単にいいますと、眼疲労(=疲れ目)から症状が悪化したものが眼精疲労です。

眼精疲労になってしまうと、休息だけでは解消されず、目薬などを投薬しながら時間をかけて治療することが必要になってしまいます。また、眼精疲労になると肩こりなど不快な症状も併発してしまいますので、より厄介な問題になります。

要は、眼疲労の段階でしっかりと目の疲れを取って、回復させていくことが大切になります。この段階であれば、日常的な取り組みで大丈夫ですので安心してください。慌てないことが大事です。


PS.近視や乱視などの屈折異常が原因による疲れ目は、レーシックを受けることで改善されることも多いです。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加