疲れ目と近視、乱視、老眼の関係について

疲れ目と近視、乱視、老眼の関係とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

近視や乱視、老眼による視力の悪化と疲れ目は深い関係にあります。疲れ目の状態が解消されないと、これらの症状をより悪化させてしまいます。

これは疲れ目によって、目の周囲の筋肉が固くなってしまい、光や画像を網膜に届けるための水晶体(レンズ)の屈折がより異常をきたしていまいます。それによって、視神経から脳に伝わる画像にも異常が現れるため、視力が悪化してしまうのです。

各視力の悪化の原因


近視や乱視の原因は同じではありませんが、どれも目の機能が低下することによって引き起こされます。

@近視

角膜などに歪みが生じて、網膜に当たる画像の焦点がぼやけてしまうために引き起こされます。そのままにしておくと近視は進行していくため、早期の対応が必要です。基本的にはメガネをかけることになりますが、本当に初期ならば「視力訓練法」で治ることもあるようです。

A乱視

角膜がいびつに歪んでしまうために焦点が合わず、ものがぼやけて見えてしまいます。やはりメガネ等による矯正が必要です。初期だと、水晶体が調整することもありますが、それには目に負担がかかるために、疲れ目になりやすくなります。

B遠視(老眼)

遠視と老眼はイコールではありませんが(若い人でも遠視になる人がいます)、網膜に当たる画像の焦点が近視とは逆になり、近くのものが見えにくくなります。老眼の場合は加齢によって水晶体等の調整機能が鈍くなった状態です。

視力悪化の順序


結局、どのケースも以下のような流れで悪化していきます。

・同じ姿勢で1つのものを見続ける

・ピントを調節しようと水晶体に負担がかかる

・それを支える眼の周囲の筋肉が疲れる→疲れ目になる

・調整しきれなくなり、視力が悪化してしまう

視力の回復、維持のために


この流れを解消するためには、以下のことをしてください。

  • 物との距離をしっかりと取る
  • テレビやパソコンからは適度な距離を離れる
  • 1日に1時間を目安に目を休める
  • 恥ずかしがらずにメガネやコンタクトレンズで矯正する

尚、ゲームは目に悪影響と言われていますが、正しくはその光刺激と同じ姿勢でいることが原因です。それを防ぐことができればお子さんでも視力低下の心配はありません。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加