ブルーライトと疲れ目の関係について

ブルーライトが疲れ目の原因になる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

「ブルーライト」と聞くと、信号の青い色の光?と思う人もいるかもしれませんが、結構広い定義で目に負担をかけてしまう光刺激のことです。このブルーライトの光刺激によって、目の角膜や水晶体が影響を受けて、疲れ目の症状が出てしまいます。なお、その原理は詳しくは解明されていません。

ブルーライトとは?


まず、「ブルーライト」がどのようなものなのかを整理しましょう。ブルーライトとは、可視光線(人が見える光)の中で380nm〜495nm の波長を持つものをいいます。

人間が見えるか見えないかぎりぎりの短い波長の光です。これは紫外線に似た性質を持っていて、体にはよくないわけですが、特に目の中に入ってきて影響を与えるといわれています。

具体的にどのような光がブルーライトに該当するのかといいますと、

  • パソコンの画面
  • スマホの画面
  • テレビのLED

などが該当します。パソコンやLEDなど昔はなかったものですので、一種の「現代病」なのかもしれません。

ブルーライトで疲れ目になる理由


実はまだブルーライトが人体に与える影響についての医学的な根拠はないようなのですが、紫外線に近い性質を持っているため、影響も紫外線のようなことになるのではないかと考えられています。

つまり

  • 網膜の変形
  • 水晶体へのダメージ
  • レンズのピントのズレ

などから、視力がおかしくなって、それを矯正するために目に負担がかかり、疲れ目になってしまうのではないかということです。それに加えて、独特の問題もあります。パソコンやスマホを見ていると「光刺激」が強く、それが脳を興奮させてしまうということです。

夜に長時間画面を見ていると眠れなくなります。結果として睡眠不足や、浅い睡眠になってしまい疲労回復ができなくなります。当然、疲れ目もなかなか治らないということになります。疲れ目になる→回復しないのループが続きやすくんなり、ブルーライトは目によくないということになります。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加