疲れ目に効く食べ物について

疲れ目に効く食べ物とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

疲れ目に効く食べ物について述べていきます。目の疲れを取るためには、ビタミンA、ビタミンB、ビタミンC、DHA、アストシアニンなどの栄養素が含まれている食べ物が効果的です。具体的には、以下で述べていきますが、レバー、緑黄色野菜、葉物野菜、青魚、ブルーベリーなどが非常に効果的です。

疲れ目によい成分と代表的な食べ物


目によい食べ物だけを羅列していっても説得力がないので、具体的な成分、効能と合わせて書いていきたいと思います。

ビタミンA

目の粘膜を保護して、ドライアイになるのを防ぎます。また、網膜の状態を維持する役割もあります。ただし、摂取しすぎは副作用もありますので、ほどほどにしてください。

代表的な食べ物
  • レバー
  • かぼちゃ
  • しそ
  • にんじん
  • ほうれん草

ビタミンB群

目の疲れを防ぎ、目から脳への神経伝達を助けます。ビタミンBにはビタミンB1〜B12の種類があり、それぞれ微妙に効果は異なります。目薬にも入っている成分です。

代表的な食べ物
  • 豆腐
  • 牛乳
  • 緑黄色野菜

ビタミンC

美容に良い成分として有名ですが、目の毛細血管の新陳代謝も助けてくれます。コラーゲンなどもこれで生成が可能です。

代表的な食べ物
  • 果物
  • 緑黄色野菜

DHA

頭が良くなる成分としても知られていますが、実はDHAは目を構成している成分でもあります。これが足りなくなると、目の栄養がなくなってしまうというわけです。

代表的な食べ物
  • 青魚(マグロ、アジ、サバなど)
魚の目玉にDHAが豊富に含まれるという話を知っている人もいるでしょうか。そのものなのですね。

アントシアニン

目の神経伝達をよくする働きがあります。ブルーベリーなどに多く含まれる栄養です。「ロドプシン」という光を感じるための物質を合成しやすくします。

代表的な食べ物
  • ブル―ベリー
  • しそ
  • 黒豆

ほかにも疲れ目に効く食べ物はあります。ただ、足りない場合はサプリ等で補うことも考慮に入れてもいいと思います。簡単に疲れ目に効く成分を摂取できます。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加