疲れ目と老け顔の関係について

疲れ目が原因で老け顔になる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

疲れ目によって老け顔になるといわれています。これは目元の血行が悪くなるために、必要な栄養が顔全体に行き渡らず、しわやたるみができやすくなってしまうことによります。しわやたるみが増えると、顔全体がより老けて見えてしまうという悪循環に陥ってしまいます。

老け顔になる理由


老け顔に見えてしまう理由は

  • 目の周辺のシワ
  • たるみ
  • クマ

などが影響しています。これは目を使いすぎて、疲れ間の状態になり、血行が悪くなることで、必要な栄養が行き渡らないことや、新陳代謝が鈍化してしまうことによって引き起こされてしまう現象です。

これが続くと影響は目の周囲だけにとどまらなくなります。目だけでなく、顔の筋肉も固定されてしまうため、表情筋などが硬くなってしまい、ほうれい線なども目立つようになってしまいます。結果的に、実際の年齢以上に顔の筋肉が崩れてしまうことになり、老け顔になってしまうのです。

疲れ目対策は老け顔対策にもなる


では、老け顔にならないようにするために何ができるのかといいますと、目や顔の筋肉を鍛えることです。例えば頬の筋肉が緩んでしまうと、そこからたるみが生じてしまい、老け顔になってしまいます。

そうした状態を防ぐためには、目や顔の筋肉をよく動かすことです。単に遠くを見るだけではなく、顔をマッサージすることや、表情を作ってみることなど、なるべくさまざまな手段で目や顔の筋肉を動かすようにしてください。そのことで、老け顔になりにくくなりますし、結果として疲れ目の解消にもつながります。

尚、疲れ目によって加齢が加速するということではありません。血行が悪くなるので新陳代謝や肌のターンオーバーが弱くなるということはありますが、実際の年齢以上に顔の細胞が老化してしまうということではないので、一度老け顔になってしまっても、十分に挽回は可能ですので、トライしてみてください。

顔は、体の不調が真っ先に現れる場所でもあります。老け顔は体調不良のサインだと思い、早めの対策を心掛けましょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加