眼科で行われる疲れ目の治療について

眼科で行われる疲れ目の治療とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

疲れ目を治すには専門である眼科で治療を行うのがいちばん効果的です。疲れ目が進んで眼精疲労にならないように、眼科では専門的な機械などを使って治療を行う場合もあります。

具体的には、目薬の投与、ドライアイの防止、スコープなどの専門機械によって効果的な治療を受けることができます。なお、治療法は眼精疲労の場合とかぶるケースが多いようです。

眼科での治療法について


疲れ目に対して眼科で行う治療法は以下のようなものが挙げられます。歯科などと違い審美的な要素はないので、保険治療で大丈夫です。

@ビタミン薬の投与

もっとも基本的な治療法です。ビタミンなどの栄養の入った目薬を投与して、目の周囲の筋肉に元気を与えます。医師が点眼するので、量や薬の質ともに確実なものです。合わせて、自分で点眼するための目薬も処方してもらえます。

Aドライアイの防止処置

ドライアイは眼精疲労まで進行した場合に現れる症状なので、疲れ目の段階ではそれほど気にする必要はありませんが、そうならないような防止治療を行います。点眼による処置が主です。

Bスコープによる疲労回復

目に機械を当てます。これはスコープといって、目の焦点を遠方に集めるものです。要するに、遠くの星空を見るような状態を意図的に作り出すということです。これは眼科だけでなく、視力訓練センターなどでも行われている方法です。

Cメガネ、コンタクトレンズの矯正

合わないメガネやコンタクトレンズは目に負担をかけてしまい、疲れ目の原因になります。メガネ店でもいいのですが、眼科医の下で選ぶほうがより確実です。自分の目にあったレンズは疲れ目の防止になります。

早めの対策がGood!


疲れ目の段階では眼科に行く必要性はないだろう、と思う人もいるかもしれませんが、早めの対策をすることで眼精疲労へ進行してしまうのを防ぐことができます。眼科での治療は保険が効きますので、民間療法をあれこれ試すよりも、結果的に安価で済むと思います。とりあえず、近所の眼科に行ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加