疲れ目の症状について

疲れ目の症状とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

疲れ目の症状はさまざまな形で現れます。主なもので、目の痛み、目の重さ、充血、かすみ、しょぼしょぼするなどがあります。これが進行するとひどい肩こりや吐き気などを伴った眼精疲労になってしまいます。この疲れ目の段階では、目の周囲の異常が現れることが多いです。

代表的な症状


疲れ目による症状は以下のようなものが代表的です。それかに該当するものがあれば、自分の目は疲れているのかもしれないと疑ってください。その場合、早めの対処が必要になります。

@目の重さ

瞼が重く、目を開けているのが億劫です。

A目の痛み

目が痛く、やはりつらい症状です。かゆみを伴うこともあるようです。

Bかすみ

視点がぼやけています。よくものが見えない状態です。

C充血

鏡で自分の目を見てみると赤くなっています。相当目に負担がかかっていることがわかります。

Dしょぼしょぼ感

言葉にすると難しいのですが、何とも言いようのない違和感があります。不快な状態です。


上記のような症状を放置していくと、眼精疲労となり頭痛や肩こりなどを伴うことになってしまいます。

疲れ目の代表的な原因


このような症状が起きるのは、同じ姿勢で目を動かさないことで、目の周りの筋肉が強張り、固まってしまうことによりますが、加えて以下のような要素があるといわれています。

1.度の合わないメガネ、コンタクトレンズ

度が合わないメガネなどは、ピントを合わせるための目の周囲の筋肉(毛様体筋)に負担をかけてしまい、それが疲れ目の原因になってしまいます。

2.老眼

老眼が進行するとピントを合わせようとする力が衰えてしまいます。その中でピントを合わせるのですから、目の筋肉に負担がかかり疲れてしまうということです。

3.血流の悪化

ストレスや自律神経の乱れで血行が悪くなると、目の筋肉が緊張し、動かすエネルギーも行きわたらなくなってしまいます。その結果負担が大きくなってしまうということです。


疲れ目はいろいろな要因で起きますが、自覚症状があるのであれば早めの対応を取っていただくことをお勧めいたします。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加