疲れ目とビタミンについて

疲れ目にビタミンが効く?

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビタミンが疲れ目に効くと言われていますが、実はそれぞれのビタミンは違った作用で、目によい効果をもたらしていきます。ここではビタミンごとの効果を解説しますが、「細胞の新陳代謝」、「疲労回復」、「血行促進」などの影響で疲れ目に好影響を与えてくれます。

ビタミンAの効果


まずビタミンAです。ビタミンAには角膜や網膜などの細胞を正常な状態に保ち、新陳代謝を促進する働きがあります。細胞が正常であることは、目の負担を回避するための重要なポイントです。ビタミンAを多く含む食べ物は、レバーやニンジン、かぼちゃ、ブルーベリーなどです。βカロチンなどカロチン類もビタミンAと同様の働きをします。

ビタミンBの効果


ビタミンBはビタミンB1〜B12まであり、それぞれ微妙に効果が異なっていますが、総じて疲れ目にはよい働きをします。ビタミンB1とB12は、視神経の働きを改善します、これによって目にかかる負担を軽減させることができます。

ビタミンB2は、血のめぐりをよくして、栄養が目に行きわたりやすくする効果があります。またレンズのピント調節機能の向上、瞳孔の光量調節も助ける効果が期待されます。さらにビタミンB6は、疲労回復や目の炎症を予防する効果があります。ビタミンB群を多く含む食べ物は、レバーなどに加えて肉類全般、大豆や牛乳などになります。

ビタミンCの効果


美肌成分として知られているビタミンCですが、疲れ目の解消も効果が期待できます。具体的には、白内障などのリスクを下げて、目の細胞を健康な状態にしてくれます。ビタミンCを多く含む食品は、野菜全般や果物などです。

ビタミンEの効果


ビタミンEにも疲れ目解消の効果があります。ビタミンEは特に血流を改善する効果があり、これによって目に栄養を与えることができ、毛様体筋のコリも解消されます。ビタミンEを多く含むものとしては、アーモンドやうなぎになります。


このようにビタミン全般は疲れ目解消によい効果がありますので、是非とも積極的に摂取してください。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加